方向性なし(いや主にオンラインゲームだが)の ごった煮ブログ


by Drhayasi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

住む場所と 働く場所

どうも、久々の更新になるDr 林だ。
今日もいかがお過ごしだろうか。

さて…
速攻就職、というより日銭稼ぎが決まった。

時給1000円 一日につき500円の技術手当てがつくので、
日当8500円の仕事だ。
一ヶ月間「やめないでつづけたら」技術手当ては1000円になる。
ただし、それ以上の昇給はない。
一ヶ月ほぼ無休で10000円の皆勤手当(遅刻 早退2回 または欠勤一回までOK)
6ヶ月98%の出勤率で50000円の慰労手当てが。
(計算によると6ヶ月の間に二日半は休んでもOKというらしいが…。)

仕事内容は、大手企業のライン作業…のようなものである。
実際紹介されたのはラインではなく、段取りを含む材料切断作業だが。

ここの課は常に忙しく、「一日必ず誰かが休んでる」といういわくつきの職場。
事務員、通りがかりの職場の人間の話では
「工場全体を通すと一番いい人が集まる場所だよ」ら し い。

ホントか??
疑いはじめてもキリがないが、仕事をしなければはじまらない。

はじめてみて、初めてわかることだってある。

単調で妙に疲れるんだ。
こういった仕事の特徴なのだろうが…。
なるほど、これだと休む人間が一人二人と増えるわけだ。

で、仕事が追いつかなく常に残業し疲弊してまた休む人が増えて…。
人を増やそうにも、闇雲に増やせば人件費あたりで上からちょっかいを食らうので
単純な人海戦術も不利になる。
という、悪循環の典型的パターンに陥っている課に編入させられたようだ。

こういった悪循環を断ち切るには方法がひとつ。

「休まなくてタフな人材を投入すること」

…その人材に抜擢された、ということだ。

はたして、勤まるのか?
[PR]
by drhayasi | 2006-02-18 16:43 | ライフハザード
どうも、寂れ途切れながらも更新のDr 林だ。
今日もいかがお過ごしだろうか。

新しいカテゴリーの中に「ライフハザード」というのを追加した。
実際の意味は曖昧でわかんないが勝手に生活の崩壊と解釈。


─失業

いわゆる   クビ   というやつである。
払わなければならないものはたくさんある。

しかし、自分の手には仕事はやってこなくなった。


どうするか。




どうしようもこうしようにも仕事を探すしかない。
まずはバイトなりなんなりで日銭を稼がなければならない。

またしても変わる、生活スタイル。
今度は…とことん悪い方向に。


…でも、こんなときに。
どうして俺はわくわくするのだろうか?
もう26、今月の17日でもう27になるオッサンなのに…

ようやくめぐってきた(?)可能性を試すチャンスなのかもしれない。
漫画も然りだが、まずはお金を稼がないとね。


今まで、勤めていた会社に縛られ、視野が狭められた感じがあったが。
狭めた枷がはずれると…行動の範囲はかなり広がってくる。

背中にはいつ発砲されておかしくない銃口が。

目の前には多岐にわたる栄光への道が。

発砲が先か、栄光にたどり着くのが先か。

…発砲を免れるように命乞いをするだけの生活か。


今、試される時。
[PR]
by drhayasi | 2006-02-09 12:20 | ライフハザード