方向性なし(いや主にオンラインゲームだが)の ごった煮ブログ


by Drhayasi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ライフハザード( 7 )

正社員でGO

どうも、なんとか一週間更新にありつけることができた
Dr 林だ。今日もいかがお過ごしだろうか?

まあ、そうはいっても来週更新できるかどうかはまたナゾなんですがねー。

さて、5/16から正社員として仕事を始めることになったのだが…。

5/16
初日で軽く自己紹介挨拶を交わし社員と顔をあわせる…

…?…ひぃ ふぅ みぃ…


…6人?

そういえばタイムカード保管欄も自分含めて7つしかなかったな。
なんとも少人数…。
これだけ少ないと、さぞかし仕事もキリキリになってるに違いないかな…と、おもってたら。

「あー…今ね、設計図まだ回ってきてないから暇なんだ。」


初日から暇。

研修といっても、本作業のほうではなく溶接などのサブワークの研修から始まるという…。

3時ごろに塗装してほしいという品物が入り、練習がてらに自分が塗ることに。
シンナーの匂いにいろいろクラクラしつつ、塗りきれなかったので次の日へ持ち越し。


5/17

昨日の続きをサクっと終わらせる。
まだ設計図が回ってきておらず、今日も暇。
ほかにやることがあるかないかで上がモメる始末。

簡易で設計図を作り、とりあえず鉄板でミニチュアの椅子を作ってみることに。
昨日覚えたことを駆使すりゃ簡単に作れた。

5/18

なんだろう…昨日からだが左目に違和感がある。
そして例によって暇。

今日は使わない機械の撤去があるそうで、それの手伝いと開いたスペースを詰める作業が展開される。
左目の違和感が徐々に広がっていく。

5/19

左目が非常に痛い。
昨日とは比較にならず、左目だけ真っ赤で涙がぼろぼろ出てる様をみて
社員の一人が病院へつれていってくれた。暇をもてあましていたので。


「あー…思いっきり刺さってますね。鉄が。」

聞くところによると、化膿状況からして昨日から刺さってたなんていうレベルじゃないよといわれた。
じゃあ17日のサブワーク研修のときに刺さったんだろうか?

自覚がそのときないというのが一番怖いとしかられながら、治療にはいらr


なに そのハリ2本


いあ、わかる。それで鉄を取ろうってもんだろう。
うん、わかるよ。
掃除機で取るとか魔法をつかって取るとか
気の力で浮かすとかトリモチレーザーを使うとか
そんなもんで取れたら苦労はないからね。

うん。







こ 怖ええ!!!


わかってても怖ええ!
痛くないと聞かされていても怖ええ!!

反射的に右目を瞑ってしまうが、つむんなといわれる。
左目も反射的に眼球運動をしてとれないからだ。

わかってるさ!
でも迫るハリにどうしても無意味に抗おうと瞑ってしまうんだ!

とりあえず自分でコントロールしない限り進展がないので、
あごを乗せている台の柱を右目で凝視して左目を意識しないようにした。

実際のところ本当に痛くない

実際に痛かったのは治療後に浴びる最初の光


染みる。いあ、ホント意識なくして左目だけまたしても泣きっぱなしの運命に…。




来週から設計図が回ってくるとのこと。
ある程度は目回復してもらわんと…。
[PR]
by drhayasi | 2006-05-21 07:27 | ライフハザード
引き続きライフハザード編、第二弾。

結局のところまたしても派遣会社である。

「4日間だけ仕事したいんですけどいいですか?」
「あ、オッケーですよ」

…そういう会社もあるもんだなぁ。

その日その日で派遣される場所はまばらで
通常の月単位雇いではなく
その日の日単位雇いなのである。

故、次の日の求人情報から仕事を割り当てられるといった
綱渡りのような営業をしている会社だった。

でも、働いたその日に現金手渡しなので、
逃げられる心配もなかろう…。


で、待っていたのは。

緊急事態の嵐

派遣先がいきなり変わるわ、仕事内容が食い違っていたりとか。
派遣先で事故が起こるわ、チャリで一時間半のところに飛ばされたりとか。
仕事が予想以上に速く終わって
「二時間半休憩後、解散。」とか言われるし。

まあ、そんなこんなで手にした23500円。
大事にしなくては。
[PR]
by drhayasi | 2006-05-14 08:20 | ライフハザード
どうも、また月記にならないように更新の
Dr 林だ。 今日もいかがお過ごしだろうか。

前回面接にいきサクサクと工場内、仕事内容を教えてもらう。

いきなり図面を見せてもらい物怖じするくらい複雑そーな図形を見せられて
本気でやってけるかしらん?と思ったが。

「あー、最初はこんなんいきなり見れやれなんて普通いわないからw」

だよねぇ。普通そうだよねぇ。
7年間勤めた会社のときは正に説明書よんで自分でヤレだったので
不覚にもデジャビュを喰らってしまった。

仕事は、すでに出来上がっている部品を組み上げていく仕事である。

ものすごい簡素に言うならハイレベルなプラモデルを作る、というべきか。
前の仕事でNC旋盤をやっていた、というところに着眼点を幾度か置かれた。

実際のところ…これも研修もなんもなし、説明書オンリーでプログラム組み立てて動かしたっきり…エンジニア経験はないのだが。
自分の作ったプログラムが粗悪だから別にまわされたと思ったのだが、
実は違っていてそれをベースに改造されてた
しかも改造したやつが功績あげおって、給料あがって地位もあがって
俺はダシをとらr

ゲフン ゲフンゲフン(==;


ともかく面接したその日か、次の日に合否の連絡を入れるという話になった。

ちょっとドキドキしながら待つこと、割と長い時間。
いわゆる次の日である。

「はい、では16日の火曜日から出勤でお願いします。」

合否も減った暮れもなく、いきなり出勤日を言い放つ営業マン。
まあ合格したんだ、喜ぼうじゃないか。


と、言いたいところなのだが。

面接した日は8日、
丸一週間ヒマなのである。

金がなくて丸一週間ヒマなのである。
これはいろんな意味で問題だ。深刻だ。
プチニートになってしまう。
あまつさえ今月すらピンチなのにこれはマズい。

とりあえず何かしら行動に出る。
その行動とは?
[PR]
by drhayasi | 2006-05-14 08:02 | ライフハザード

ぶっ飛べ正社員

どうも、リアルマネーが結構なほどピンチでネット接続がままならなくなった
Dr 林だ。 今日もいかがおすごしだろうか?

あー…まあ、その…なんだ。

いわゆる…会社の夜逃げを食らった。

…簡潔にいうと。

今月の給料がない!

と、いうことである。
それと同時にまたしても失業とあいなったわけだが…。

不安定なところで働くもんじゃない、と思うところである。
まあ、めげててもしょうがないので次の手をさくっと打ってみた。

いきなし正社員募集に応募してみよう

月給20万~36万
当然能力相応の月給のはずだから20万固定と考えていいだろう。
仕事は小型装置(何かはしらん)を設計図を見ながら組み立てていく仕事
初心者大歓迎!

だ そうだ。

実際面接すんのは月曜なので、どうにもこうにもにんともかんともだが…。

この微妙なラインをとりあえず超えなければ話にならんのでやるだけやってみれ!
…この状況いつまでつづくことやら…。

とりあえず、今月の給料がないという事実は揺ぎ無いのだが。
なんとか15日に別件での仕事報酬が入ることが確認されたので一安心…

できる金額ではないことはたしかなのだが。

…5万。

…どうする?
[PR]
by drhayasi | 2006-05-06 05:59 | ライフハザード

走るべきか?

どうも 大きく時間をあかしての更新 Dr 林だ。
今日もいかがお過ごしだろうか。


仕事についてもうはや一ヶ月以上たったのだが。



…進展はまったくない。
仕事がいそがしすぎて、空いている時間があまりないのだ。

…あったらあったで友人やネカフェでROやってる始末だけど…。
ROの話はまた後で。


とりあえず、もうあと少しで忙しい時期が終わるとのこと。
このクソ忙しい時期をぬけてからが勝負となる。

まず、何をするか?

就職活動?
改めて漫画を描いてみる?
バイトを増やして資金を稼いでみる?

現状維持は発砲を逃れるというのにほかならない。
何をすべきか…じっくり考えるべきか。
[PR]
by drhayasi | 2006-03-26 16:03 | ライフハザード

住む場所と 働く場所

どうも、久々の更新になるDr 林だ。
今日もいかがお過ごしだろうか。

さて…
速攻就職、というより日銭稼ぎが決まった。

時給1000円 一日につき500円の技術手当てがつくので、
日当8500円の仕事だ。
一ヶ月間「やめないでつづけたら」技術手当ては1000円になる。
ただし、それ以上の昇給はない。
一ヶ月ほぼ無休で10000円の皆勤手当(遅刻 早退2回 または欠勤一回までOK)
6ヶ月98%の出勤率で50000円の慰労手当てが。
(計算によると6ヶ月の間に二日半は休んでもOKというらしいが…。)

仕事内容は、大手企業のライン作業…のようなものである。
実際紹介されたのはラインではなく、段取りを含む材料切断作業だが。

ここの課は常に忙しく、「一日必ず誰かが休んでる」といういわくつきの職場。
事務員、通りがかりの職場の人間の話では
「工場全体を通すと一番いい人が集まる場所だよ」ら し い。

ホントか??
疑いはじめてもキリがないが、仕事をしなければはじまらない。

はじめてみて、初めてわかることだってある。

単調で妙に疲れるんだ。
こういった仕事の特徴なのだろうが…。
なるほど、これだと休む人間が一人二人と増えるわけだ。

で、仕事が追いつかなく常に残業し疲弊してまた休む人が増えて…。
人を増やそうにも、闇雲に増やせば人件費あたりで上からちょっかいを食らうので
単純な人海戦術も不利になる。
という、悪循環の典型的パターンに陥っている課に編入させられたようだ。

こういった悪循環を断ち切るには方法がひとつ。

「休まなくてタフな人材を投入すること」

…その人材に抜擢された、ということだ。

はたして、勤まるのか?
[PR]
by drhayasi | 2006-02-18 16:43 | ライフハザード
どうも、寂れ途切れながらも更新のDr 林だ。
今日もいかがお過ごしだろうか。

新しいカテゴリーの中に「ライフハザード」というのを追加した。
実際の意味は曖昧でわかんないが勝手に生活の崩壊と解釈。


─失業

いわゆる   クビ   というやつである。
払わなければならないものはたくさんある。

しかし、自分の手には仕事はやってこなくなった。


どうするか。




どうしようもこうしようにも仕事を探すしかない。
まずはバイトなりなんなりで日銭を稼がなければならない。

またしても変わる、生活スタイル。
今度は…とことん悪い方向に。


…でも、こんなときに。
どうして俺はわくわくするのだろうか?
もう26、今月の17日でもう27になるオッサンなのに…

ようやくめぐってきた(?)可能性を試すチャンスなのかもしれない。
漫画も然りだが、まずはお金を稼がないとね。


今まで、勤めていた会社に縛られ、視野が狭められた感じがあったが。
狭めた枷がはずれると…行動の範囲はかなり広がってくる。

背中にはいつ発砲されておかしくない銃口が。

目の前には多岐にわたる栄光への道が。

発砲が先か、栄光にたどり着くのが先か。

…発砲を免れるように命乞いをするだけの生活か。


今、試される時。
[PR]
by drhayasi | 2006-02-09 12:20 | ライフハザード