方向性なし(いや主にオンラインゲームだが)の ごった煮ブログ


by Drhayasi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:番外王 最新話( 2 )

まどろみが続く中、不思議な意識と対面する。
姿なき同一人物。

(はじめて面と向かい合うと感慨深いな…)

何の用だよ…放っておいてくれないか…。
もう、全ての事などどうでもよくなった筈なのに、なんでボクに話しかけるんだ。

(つれないんだな。こうして向かい合えたことが奇跡だというのに。)

今はそんな奇跡などに驚いたり感動したりするつもりなんかない。
放って置いてくれ。すべて無に帰るだけなんだから。


(ほぉ…無に帰るとはまた…長い時間で物を考えるんだな。)

…なにか間違ってるとでも言うのか?

(無に帰るまでの長い時間…ほんのひと時だけ…もう一度だけ…暖かい『有』の時間を過ごす事ができるとしても…キミはそんなことをずっと思い続けるのか?)


…?

………。



爆裂無敵 番外王  第34話 ~世界制服屋と正義の味方ごっこ~


総勢で砂をかきだし、5分ほどで馬が救出される。
我ながら何やってんだろうと思ったが、雰囲気的になにか助けなきゃいけないような気がしたから思わず手伝ってしまった。

「ふぅ~、いい汗かいたわな~。」
「ヒィー。」
「お、オレンジジュースか。気が利くなぁ!お前達も飲め飲め!」
「ヒィー!」

ジョッカー軍団たちはお互いが持ち合わせてるドリンクを交換し合いながら飲み干してる。
ってあれ?手下たちって全身タイツのような服きてたからよくわからんかったが、マスクとった顔って普通の人間そのものだな。

「はぁー、うまい!」
「一汗かいたあとの水分補給は最高だなぁ!」

ちょっとまて!お前ら普通にしゃべれてるじゃないか!!
…あのマスクか!?あのマスクがしゃべる言葉をすべて『ヒィー!』に変えてるのか!?


「おう、あんさんも喉かわいたやろ?のみ!」
そういって、蜘蛛男がコップを差し出してオレンジジュースを注いでくれる。

「お、おう…。」

思わず受け取ってしまった。
こいつらの行動からして、様々な意味で悪意というものがないらしい。
なら、このジュースに毒が入ってるとか変な気を起こさなくてよいのか?

ウィッシュルーンがほしいという目的のはずなのに…。
どこか、おかしく見えてしまうこいつらを信用してみることにしよう。

ゴク…ゴク…

俺はオレンジジュースを飲み干した。
…うまかったし、今のところ体に変な調子は見られない。

「ああ…うまい。」
「せやろ~?せや!ドッペルものみ!あんさん敵やけどえらい目にあったしのぉ!」

そういって、蜘蛛男がオレンジジュースを注がれたコップをドッペルに渡そうとする。

「ふん…我はそんな下衆な飲み物など好まぬ。」
「おや~…せなことゆうたかて、あんさん冷や汗びっしょりやで~のみーな!」

そっぽを向くドッペルにからむ蜘蛛男。
この蜘蛛男、単純に気のいい男というだけの男なのか?

「我は高貴なる大悪魔、ドッペルゲンガー様だぞ?お前のような下衆に付き合う義理などない。」

…あ、思い出した。

ドッペルゲンガーって…たしか…
影が薄いっていうか、体がなんとなく半透明の男剣士姿な悪魔…だっけ。
ゲフェンタワーの地下に潜むといわれ、その一帯のモンスターを締める結構厄介な悪魔…らしい。

…で、それが仮面ドッペルとか名乗ってジョッカーと戦ってるとでもいうのか?

「さよか~?なら、なんで馬を助けるときに呼んだんや?そんな意固地にならんでもええがな~。仮面ドッペルたるもの、それくらい受けれる器ぐらいあるやろ~?」

随分としつこい蜘蛛男。

「その、仮面ドッペルとはなんだ?我は仮面などつけた覚えなどない。ただ、黒皇丸(こくおうまる)の悲しみと怒りが、お前らの元に導かれ倒しているに過ぎん。」

と、ドッペルゲンガーは馬に手を当てて真剣なまなざしで物を言う。
あの馬、黒皇丸っていうのか…仰々しい…。

「ええやないか~。仮面ドッペル、かっこええやないけ?ワテらの間では一番の邪魔者やでぇ、愛憎込めた呼び名や!」

…お前らが勝手に呼んでただけか…。

「ほらぁ、別に呼び名なんて気にせんでええがな!な?」

そういって、再度オレンジジュースを差し出す蜘蛛男。

「ふ、ふざけるな。誰が…。」
顔を横にむけ、そっぽを向いてるように見える。
が、むいててもチラ見でジュースのほうに目がいってるような…。

無言でずっとジュースを出している蜘蛛男。

ほんの少し間が空いた後、ドッペルゲンガーがそのジュースを手に取った。

「か…勘違いするな。我は喉が渇いた故、仕方なくそこにあったものを飲むだけだ!…け、決して差し出されて下衆な奴の好意に甘えるなどという物ではないからな!!!」

そういって一気にオレンジジュースを飲み干すドッペルゲンガー。

…単純にものすごいテレ屋なだけなのか?
…プライドはものすごく高そうだが。

「さて…、お前らの戯言には付き合った。あとは黒皇丸の望むがままにされるがいい。」

「むん!さすがドッペルはん。切り替え早いでんな!ワテらも負けていられんでー!」
「ヒィー!!」

再び黒皇丸にのって、手綱を引くドッペルゲンガー。
しかし、黒皇丸は動こうとしない。
動かない黒皇丸に動揺するジョッカー軍団。

「黒皇丸…?」

手綱を引かれても一向に前進しようとすらしない黒皇丸。

「…情け か。よかったな貴様等。今日は相手する気がないらしい。」
「なんやてー!?あかん!こっちはやる気モードだったんやで!?」

「特に我自身に貴様等を相手するつもりはない。」

ドッペルゲンガーがそう言い放つと、悔しそうに地団駄をふむ蜘蛛男。

「あかん!せや!ドッペル!キサン、ワテとゲームで勝負せえ!!」
ゲーム?…ああさっきの息止めゲーム。

「先ほどから何度も述べたが、貴様等と付き合う義理はない。」
頑としてこれ以上の関わりを拒絶しようとするドッペルゲンガー。
当然といえば当然か。

「はっ!うわさに聞く大悪魔とは聞くけど、こんなワテらに尻尾巻いて逃げるようなザコだとはのぉ~!幻滅や!」

切り替えを変えたか、ドッペルゲンガーに挑発をしてくる蜘蛛男。

「…。」
黒皇丸に乗ったまま、鋭い眼光で蜘蛛男を睨みつけるドッペルゲンガー。

「乗ってるのは口だけの男や!ただ馬がデカいだけ!あーあーワテらどうしてこんなヤツに苦戦してたんやろなー?」
「ヒィー!」

「面白い…我を挑発するとはいい度胸だ。」

お前、挑発に乗りすぎ。

ドッペルゲンガーは黒皇丸から降りて、先ほどの洗面器の置いてある場所に移動する。

「ルールは簡単や!コイツに顔つっこんで長く息止めてられた方の勝ちや!」
…先ほどと同じルールを説明する蜘蛛男。

「って、ちょっと待てあんた。」
「おおっとあんちゃん!気遣い無用や!ワテはそんな相手の頭押し付けるような真似なんてせえへんし、させもへんで!!!」

…なんだろう。その辺の人間より気持ちのいいヤツに見えてきた。

「さあ勝負や!」
「我を侮辱など許さぬ!必ず勝利し貴様を屈服させてやる!!」

バシャン!!

そういって、二人同時に洗面器に顔を突っ込んだ!



はっ!?


いま、俺抜け出せるチャンスじゃん!!
手下も蜘蛛男を応援してるばかりで、俺のほうに目がいっていない!

しめしめ…意外となんとか撒けるものだな。
そういってカートをそっと引きながら道に戻ろうとしたそのときだった。


ぬぅ…と伸びる影が俺の全身を覆う。

ふと、目の前から顔を上げると…そこに巨大な男が立っていた。


以前の3倍セイレンよりかは低いが、それでも俺の身長の2倍以上ある男が立ちふさがる。
いきなりあらわれたので驚いたのだが、この様子だと退いてくれそうにない。

そう思ったら、男は腕を振りかぶる行動をしていた。

「へ…。」

バッ!!

それって、俺ごと地面を殴りつける気か?
そう考える前に体が反応して回避行動を取る。


ズガンッ!!!!

ものの見事に地面を殴りつけ、衝撃が辺り一帯を響かせる。


「…お前、何者だ!」
俺は真剣に相手の素性を伺った。

「…フン…。あの無能に先を越されたと思ったときはどうしようかとおもったがな。どうやら間に合ったようだ…。」

…無能?


ひょっとして蜘蛛男のことか?

「どうせ、お前はこうして力で脅してもウィッシュルーンを渡す気なんてないのだろう?」
「…。」
相手の言葉に俺は返事を返さなかった。

「おおっと、返事なんていいぜ?元からお前をぶっつぶして手に入れるつもりだったんだからな!!!」
異質な気迫を出して、俺に迫ってきた!!

「ちぃっ!!」


すばやく竹箒形態のバーストバレットを構えて攻撃に備えた。
[PR]
by drhayasi | 2008-08-14 17:54 | 番外王 最新話
(更新日 2008/8/13)


深い眠り…まどろむ意識。
心地よい浮遊感。
何も身に着けていなくても暖かく包み込まれるような感覚…。

気持ちがよい。

ずっと…この気分に浸れたらよいのに…。

でも…その気分をすぐに壊してくれるのはなぜだろう?


(やあ…初めて面とむかって会話することができるね。)


…だれだ?気持ちがいい時なのに。

(ふふ…もう、自分をすててしまったのかい?まあいいよ。)

まどろみながらも不快感だけを胸に募らせる感覚がわかる。
目の前には誰もいないのだが、確かに話しかけられてる。

(そうか…わかるはずもないか。キミはボクで ボクはキミ 一心で同体の存在さ。)



…?



爆裂無敵 番外王 第33話 ~理不尽の嵐と終わらない夜~


エンシェントエルニウムをカートの奥深く…ハワードのウィッシュルーンの隣に置く。
ようやく、このココモビーチともお別れか。

思えば今日一日でいろいろなことがあった。
レイヴ・マローネ・コロロと出会い、ハワードと出会い…戦って…ココモビーチの女神とも戦って……。

気づくともう夜の10時。

いまから真紅蓮号でかっとばせば12時ごろには、カレンの所に帰れるだろうか。
そんなことを思ったときだった。

ガサガサ…。

向こうの茂みからなにか動く気配がした。

(ヒイーッ!)
(ああ、わかってる!アイツがウィッシュルーンを持ってることぐらいな。)
(ヒィー! ヒィィーー!)
(バカ!大きい声立てるんじゃない!気づかれるだろうが!)

何者かが茂みの向こうから駄々漏れのセリフをはいてる。
気づかぬ振りをしながらカートを引きずって帰ろうとするフリをする。
聞く限り、ウィッシュルーンの単語がでてるので該当するのは…。

《ジョッカー》

こいつらか。
ハワードがずいぶんと間抜けそうなイメージと教えられたが…たしかに間抜けそうだ。

ちょうどその茂みを横切ろうとしたときに、茂みが大きく揺れて何者かが俺の前に立ちふさがった。

「ちょいとまちなぁ…あんちゃん。」
「…はぁ。なんでしょジョッカーさん?」

突然?でてきた得体の知れない男が俺に話しかけた。
それに対して思い切りため息をついて返事に答えた。

「んなっ!?なぜや!?なぜワテらのことをしってんのや!?」
「ヒィー!? ヒィー! ヒィィィー!!!」

その茂みからゾロゾロと手下?があらわれて、俺の返事に驚きを示す。

「…いや…何の用だろうか。」
とりあえずそのままでいると先に進まなそうなので促してみる。

「はっ、そうやった…あんさん!その~なんでっしゃろ。」
「ヒィー!」
「わかっとる!わかっとるがな!せやけどな、できれば穏便にやな?」

何か進むたびに、漫才コンビのように男と手下のボケとツッコミ?な会話が流れる。

「ほしいのはウィッシュルーンかね?」
もう俺が単刀直入に聞いたほうが早そうだ。

「そう!それや!あんちゃん話わかるねぇ~!どや、なんぼかで譲ってくれんか~。」
「ヒィ!? ヒィー!? ヒィーー!! ヒィーーー!?」
「バカわかっとるがな、一銭ももっとらんことぐらい!せやけどな、ここはびじねすらいくちゅーか…駆け引きをやな?」

いちいち漫才されると突っ込む気力すらない。
というか手下が突っ込んでるらしいが…。

「とりあえず、やらんぞ。」
いちいち会話終わるのを待っていてもしょうがないので返事を先に返した。

「そないこといわずにぃ、あんさん意地悪いわんとさぁ…せや!なにか交換でもいいからゆずってぇなぁ~。」
「ヒィー…。」
『なにも持ってもいないくせに、よくもまあそんな口から出任せができますね…呆れますよまったく…』やと!?お前達ぃ~!ワテの名前を言ってみろッ!!!
「ヒッ! ヒィイーーー!!」

また始まった。
…あの『ヒィー』の中にはどれだけの意味が毎回込められてるのだろう?

「しつこいと、力づくでココを通るぞ。」
埒があかなそうだったので、俺は少し脅すようなセリフを言う。

「ふ…穏便に済むとはさすがに思わへんかったが…あんさん、腕のほうは確かのようやな。せやけどな、ワテとてそんじょそこらのヤツらとはちがうねんで!」
「ヒィーッ!」
「せやぁ!ワテはなぁ!《改造人間》なんや!キサンがノした男よりも数倍強いねんで!」

あ、今回の手下はツッコミではなく相槌のようだ。

しかし…ハワードより数倍強いとのたまわっているようだが、これがただのハッタリかどうなのかがまたため息がつけるところだ。


竹箒形態のバーストバレットを構える。
先ほどの女神戦でオーラの出し方のコツを少しつかんだので、威嚇のつもりでオーラを漂わせてみた。

「うわっ!?か、かんにんや!?そ、そないな物騒なもんむけんといてや!」
「ヒ、ヒィィィ!!!!」
「せやっ!あのモップからびいむが飛びでるねんで!?けしとんでまうがな!!!」

どうやら、戦闘の一部始終は見ていたようだ。
それなら脅しながら通過するだけですみそうかな…?

「ふ…ふぅう。せやかて、通すわけにはあかん。」
リーダー格であろう得体の知れない男が、肩を震わせながら仁王立ちで立ちふさがる。

「ほぉ…。んじゃぁ…やるか?」
こちらも穏便にすませたかったが、退かないのならばやるしかない。
幸いサイズ的に竹箒だけで気絶させれそうな?やつらばかりだ。
エネルギーは0だが、打撃だけで十分だろう。

「まぁ…まちぃな。あんさんとまともにやりあって勝てるとも思うとらん!」
「ヒィー。」
「ところで、あんさん…ワテがどんな《改造人間》にみえまっか?」

いきなり、どんな《改造人間》かを訊かれた。
月明かりから見る、得体の知れない男は背中からさらに6本手を生やしている。
それ以外は、町にいるような若者の男にみえるが…。
そうだな、あえて言うならば…。

ひぐらし。

「だれが蝉じゃーーーーー!!」

少しお茶目にボケただけなのに、全力で突っ込みを食らった。

「この8本の手を見てなんとも思わんのか!?KU MO!! スパイダーッ!そうさ!ワテこそが蜘蛛男ッ!スパイダーマッ!!!
「ヒィー!!」
「せやろ!かっこええじゃろ!!」

今度の手下はおだててるようだ。

「んでー?どうするのー?」
もう今回は疲れ気味なのかやさぐれ気味に先の展開を促す。

「ここでひとつ、ゲームをして勝負しようやないか。」
妙な提案をする蜘蛛男。

「はぁ。それに勝てば俺はココを通してくれるのか?」
「せや!せやかてワテが勝ったらそのウィッシュストーンもらうで。」

ここでイヤだというと、余計こじれそうだからとりあえず了承しようか…。

「わかった、どんなゲームするんだ?」
「クク…了解したな?ワテが蜘蛛男ということをわすれて軽々しく了承したことを後悔するがいい!」
「あーーーもうわかったから、早く言う!」
いちいち先にすすまないイラ立ちで声が荒がった。

「よぉし、お前達!準備しろ!!」
「ヒィー!!」

そういうと、手下たちは…大きな洗面器をもって浜辺へ出て、海水を汲み取ってきた。
どこからともなく机が用意されて、ふたつの海水の入った洗面器を机の上におかれる。

「…これは?」
なんとなく想像はつくが、あえて訊いてみた。
「ゲームはな、お互いこれに顔突っ込んで息とめるんや!んで、先に顔上げたほうが負けや!」



蜘蛛男が手に腰を当てて、自信たっぷりにセリフをはく。




蜘蛛関係ないやんか!!!
思わず突っ込んでしまった。

「だいたいな、そんなもんスタート直後に手下が俺の顔押さえつけて窒息死させる魂胆がモロバレじゃないか!!」

俺がそういうと、蜘蛛男はまるで目からうろこを落としたような表情をして呆然としていた。

「そ…そんな手があったやなんて…気づかなかった…!」
「ヒィー…!」

ああ…頭いたい、何なんだこいつらは。
そりゃハワードが間抜けっぽく言うのもうなずける。

そう思いながら、思い切りため息をついたそのときだった。


「まてぇーーーーーーーい!」


後方の高台から声がする。
振り向いてみると、そこには人影と…馬?の影が。


「そこまでだ!!!」


月明かりでいくらかは見えるが、人影はどうやら男剣士のようだ…が、なんか影が薄い。
さらに気がかりなのは隣の馬。
ものすごくでかいのだ。背中の部分が男の頭を超えるくらいでかい。


「きたな!!!仮面ドッペル!!!
「ヒィーー!!!」

蜘蛛男が高台上の男に指をさして格好をつける。
手下も俺にではなく、仮面ドッペルとやらに身構えてるようだ。

「トォーーーーーーーーッ!!!」

男が馬に飛び乗り、馬がこちらにジャンプしてきた!


ズサンッ!!!!


…。

着地地点が砂浜だったので。

馬の足の1/3くらい…埋まった。


「…。」
「…。」
「…。」

3者一同沈黙。

「すまない、砂をどかすのを手伝ってくれないか。」
仮面などどこにもつけてない仮面ドッペルは俺達に助けを求める。


敵味方関係なしに、俺とドッペル、蜘蛛男とその手下達は必死になって馬の周りの砂をかきだしていた…。
[PR]
by drhayasi | 2008-08-13 23:23 | 番外王 最新話